今日から実践!ほうれい線を消すための3つの方法

口周りの対策をしよう!

ほうれい線は主に口の周りに出来ているシワのため、口の周りの筋肉を鍛える必要があります。簡単な方法として、口周り体操があります。まずはふぐのようなぷっくりした頬にしてその状態を10秒間キープします。その時のポイントは、口の周りの筋肉が張っているなと感じるぐらいに息を入れて膨らます事です。この口周りの体操を朝と晩に1回ずつするようにしましょう。徐々に口周りの筋肉が鍛えられて、ほうれい線が目立てなくなっていく上にリフトアップ効果も得られるため嬉しいですね。

表情筋を鍛える事が重要

表情筋を鍛える事は、ほうれい線の原因となる頬のたるみを解消する事となります。固くなった表情筋を和らげるためには、まず「あいうえお」とゆっくり発声しなければいけません。それぞれ発音する際には5秒ほど、その状態を保つ事がポイントになります。この発声練習を3回繰り返し行うようにしましょう。ポイントとしては「ウ」と言う際には口をすぼめて「ウ」と声を出す事です。そして口を開ける発音の際には、目を大きく見開いて、口を大きく開けるのがポイントになります。

舌でほうれい線にアプローチ

ほうれい線に直接アプローチするためには、舌を使う方法があります。舌の先を使ってほうれい線の内側を押し上げるようにしてその状態のまま、5秒間キープします。これの動作を左右で1回ずつ行い、朝晩するようにしましょう。この動作が慣れてきたら、ほうれい線に沿って舌を動かして内側から頬の筋肉を刺激します。さらにそのほうれい線を挟むようにして、人差し指の腹でなぞってみましょう。徐々にほうれい線が目立たなくなりますので、やりがいがありますよ。

しわの効果的なケアの方法を学ぶために、同年代の女性の美容法の種類や肌質に関するセルフチェックに力を入れることが有効です。