ムダ毛の処理は皮膚へのダメージが大きい?皮膚のトラブルを理解しよう

剃刀は肌荒れの原因になるの?

足や腕、脇の下など、身体の至る所にムダ毛は生えてきますよね。ムダ毛は私達の身体を外部から守ったり、体温調整するなど実は役割を持っているのですよ。しかし役割があっても、ムダ毛は見た目的に気になってしまう人がほとんどです。そのため、お風呂に入った時など自分で脱毛している人も多いでしょう。剃刀を使えば簡単に剃ることができますが、実は剃刀で剃る行為は、肌に大きなダメージを与えているのですよ。肌に摩擦や刺激を与えているので、肌荒れや黒ずみの原因となります。

毛穴で抜く脱毛は想像以上にダメージがある

自分でムダ毛を脱毛している人の中には、毛抜きで抜く人も多いでしょう。毛抜きで抜くとしばらく生えなくなり、黒くぶつぶつが見える心配もないですよね。しかし、毛穴から毛を無理矢理引っ込抜くことになるので、そのダメージは想像以上に大きいのですよ。毛穴に菌が入って炎症を起こし、時にはニキビができてしまう事もあります。また、何度も繰り返すと毛穴が盛り上がることもあるので注意が必要です。症状がひどくなる前に、脱毛サロンなど利用した方が安心でしょう。

専用の薬剤は肌が弱いと使えない?

ムダ毛を自分で処理する方法は、剃刀、毛抜きの他に専用の薬剤を使う方法もあります。ドラッグストアなどでも手に入れる事ができるため、誰でも簡単に利用できますよね。しかし、薬剤は肌に合わないとかぶれたり荒れたりしてしまうでしょう。ムダ毛を自己処理する場合には、肌トラブルのリスクがある事を考えて、脱毛した後は、しっかりと保湿するなどのケアが重要となります。最近では永久脱毛も低価格で利用できるようになっていますので検討してみるとよいですよね。

ムダ毛が気になるときには、医療脱毛をすることです。永久的に脱毛をすることも可能で、とても有用であると人気と集めています。